◆日本茶巡り(TOP)

●お知らせ  (NEW!)
 
 
 
●ギャラリー(日本茶カフェ,日本茶産地,日本茶話題など)
*画像クリックで拡大又は別画像  

◇日本茶カフェ巡り

●お店のイベントなど
横浜茶倉は、新しいお茶の導入や「お茶会」,「JAZZや落語ライブ」などを行ってます。詳細はHPで
寿月堂は、歌舞伎座店で「和文化」を体験できる催しを、パリ店は日本茶や文化を紹介しています。
一保堂東京丸の内店は、「日本茶ミニ講座」など定期的に教室を開いています。詳細はHPで
茶茶の間は定期的に日本茶セミナーを開催しています。 詳細はお店のHPで。 
しもきた茶苑は毎月違ったテーマで茶会を開いています。詳細はお店のHPで。
浦和楽風は、喫茶室2Fの和風ギャラリーで週替わりの展示 会をしています

*日本茶を主に提供、又はお茶にこだわりを持つお店を掲載しています。
甘味主体の店と異なりますので、他のサイトをご覧下さい。
 (掲載はお店の確認を取り行っています。)
【東 京】
最寄駅
メニュー、定休日等
詳細はお店HPで確認下さい。
寿月堂
 銀座歌舞伎座店 メトロ東銀座
メトロ銀座
各種日本茶、抹茶、冷茶、和洋スイーツ、食事 他
★新しい歌舞伎座オープンに合わせ、歌舞伎座タワー5階に寿月堂が自信を持って開店したお店である。 歌舞伎座地下1Fからエレベーターで行きます。
 喫茶室は販売店の奥にあります。手前に20 席はあろうか広いカウンター席と竹で仕切られたテーブル席が、そして奥に進むと素晴らしい庭園を眺められる22席程のテーブル席が用意されている。 ふんだんに用いられた竹と鏡は、落ち着きある和の雰囲気と錯覚を起こしそうな深みさえも感じる。
 歌舞伎を観なくとも、ゆっくりお茶しに行きたいところです。茶そば、茶巾寿司などの食事、サンドイッチなどの軽食、スイーツも用意されている。銀座に行った時には是非!
写真 左:カウンター席     右:屋上庭園を眺められるテーブル席

しもきた茶苑大山 春は'べにふうき'の旗が
小田急京王下北沢
北口徒歩2分
各種日本茶、抹茶、和スイーツ 、甘味 
(喫茶室:夏季はカキ氷専門、新茶時期の産地仕入の為休日変更があります 詳しくはHPで)
★下北沢北口をサンドラッグ方面に2分程歩くと十字路がありその近くです。1Fは販売店になっており、2Fに喫茶室があります。喫茶室は販売店と入り口が異なり判り難くいので、初めての方はお店で聞いてもいいでしょう。
 全国に8人しかいない茶師十段の若い兄弟が経営するお店です。その卓越した茶師が選別したお茶は確かな味で、産地別商品や産地の特徴を生かして合組みしたしもきた産のお茶も取り揃えている。
 喫茶室は15席程で、全国の茶審査技術などで勝ち取ったトロフィーが所狭しとばかり並んでいる。秋冬春は茶喫茶(日によってカキ氷)、夏季はカキ氷専門となっている。抹茶カキ氷はマスコミに取り上げられる程である。甘味も取り入れているが著名な茶師の淹れたお茶を一度は頂きたいもの。
 
嘉木
 一保堂丸の内店JR有楽町、メトロ有楽町、日比谷
抹茶、玉露、煎茶、番茶(和スイーツ付) 
★有楽町駅、日比谷駅の程近くに京都の名門「一保堂」の喫茶室「嘉木」があります。ペニンシュラ東京の横の”丸の内仲通り”を東京駅方向に5分程歩くと”茶一保堂”の大きな暖簾が見える。 
 訪れたのは土曜日の昼過ぎ、喫茶室は満員で待ち席に5組も並んでいた。 若い女性からご年配の方まで幅広く、品のよい客が次々と入ってくる。 店頭はお茶販売カウンター、その横に2、30人は収容できるテーブル席と5、6人掛けのカウンター席が喫茶室となっている。アイボリーの天井、こげ茶の側壁、軟らかい照明、丸の内の重厚さの中に京の雰囲気、落ち着いている。 店員のまろやかな京ことばも、無骨な東男には くすぐったい。 嘉木喫茶スタイルは、「淹れるところからご自分で」です。 ポットと急須と湯のみが出てきますから、自分流で。 遠慮は要りません。

茶茶の間
JR原宿、メトロ明治神宮前、表参道
各種日本茶、和洋スイーツ、アイスクリーム、食事 他。
★茶にこだわる茶ソムリエが厳選した一煎が頂ける。メニューを見ると茶種が多く私は迷った。好みの味を伝えると、ソムリエは湯のみに一煎目を出した後 急須のふたを開け、「この茶葉を見て下さい」と。 色鮮やか、香ばしい!ソムリエの自信に満ちた一言にナットク。 茶茶の間の日本茶は、私にモダンと斬新さを与えてくれた。あたかも、印象派画家が初めてスーラの絵を見たように。
茶の味と人気ソムリエの為か、若い客が絶え間なく入ってくる。
私が次に訪れる時は”碁石茶”にしようと決めている。私の好みか白黒はっきりさせたい。
 
HIGASHIYA GINZA メトロ銀座1丁目
メトロ銀座
各種日本茶、和スイーツ、食事 他
★銀座ポーラビル2Fにある。ビル入り口には小さな案内しかないので、ここに日本茶カフェがあるとは気づかず通り過ぎるだろう。2Fまではエレベータでゆく。入り口は和菓子売り場となっており、その奥に素晴らしい茶房がある。茶釜を中央に配し、その周りにゆったりと50人は収容できる。アイボリーカラーと照明がいっそう現代版茶室のイメージを漂わせている。各地より厳選し取寄せられた茶葉は、静岡、宇治はもとより、初めて見る茶も多い。 よし!今日は富山のバタバタ茶に挑戦だ。友人は新潟の村上茶と決め込んだ。当店は、日本茶のみならず有名な和菓子、昼食、夕食も頂くことができる。銀座に足を運んだときは、ぜひ寄りたい店である。
 
鶴屋吉信 茶房メトロ三越前、日本橋
抹茶、和紅茶(国産発酵茶)、宇治茶(冬)、カキ氷(夏)、京菓子、食事 他
★京菓子の銘店、鶴屋吉信。 東京のど真ん中に本格的な茶房を!  
 鶴屋吉信といえば享和3年創業の老舗、そして柚餅・京観世。抹茶のセットを頼むと、まず出てきたのが何か香と味が違うこげ茶色のお茶。 これは関東人になじみがなく、好き嫌いの分かれる京番茶なのだ。 京菓子に合う厳選した宇治茶、国産茶しか出さないと京の味、和の味を頑固に押し通す、鶴屋吉信なのです。 しばらくすると、抹茶と柚餅が出てくる。確かに美味しい。
 目の前で菓子作りが見られる6人掛けのカウンター席と30人は座れる街路に面したテーブル席があります。又、お昼時には、京弁当が用意されています。 京を味わいたい方に是非お勧めします。
写真 左:カウンター席     右:街路が眺められる席

茶・銀座メトロ銀座
煎茶、抹茶(和スイーツ付) 
★晴海通りから西5番街を曲がるとすぐお店が見える。1Fは茶販売となっているが、そこで煎茶、抹茶コースのいずれかを選び、上階(2F煎茶席、3F抹茶席)でお茶が飲めるシステムになっている。訪れた時は、煎茶コース2Fを選んだが銘菓(浅草の徳太楼)が付いてきた。3Fに案内されると天井がガラス張りの屋外茶室になっていた。銀座にあっても四季感じる作りとのことである。たまたま訪れた外国の方に、英語に堪能なスタッフが丁寧に対応しているのを見かけた。外国のお客様をもてなすにもいいかな。
 
寿月堂 本店メトロ東銀座、築地
各種日本茶、抹茶及びフレーバーティー、和洋スイーツ、アイスクリーム 他
★築地に構えるのりとお茶の老舗。敷居が高いと思いきや気軽に入れる。厳選した各種日本茶を揃え、販売店に併設された茶房で頂く。お店は、東銀座駅の近くの京橋郵便局の並びにあるのですぐに判る。店員は皆明るく雰囲気がよい。カウンター越しに親切にお茶の説明もしてくれる。当店は2008年にパリ、サンジェルマン・デプレ地区に出店し、「日本文化の美しさと和の心」を発信し高い評価を得ている。販売店のお茶も人気が高く贈答にも最適、深蒸し煎茶は確かな味であった。尚、お茶うけに出された「抹茶フィナンシェ」 は、日経PLUS1の2010年「初夏を感じるお取り寄せ抹茶スイーツ」のベストテンに選ばれているものであった。  小人数向き(カウンター席のみ)。
 パリ店において日本茶の普及活動や文化を紹介活動を続けています。
 
さらさら JR三鷹
各種日本茶、抹茶、和洋スイーツなど 他
★南口より三鷹橋を渡り、吉祥寺方面に玉川上水に沿って歩き数分で可愛いお店が見える。店内からは、上水緑道の四季折々の景色を見る事ができる。 文学の好きな方は太宰治文学サロンや山本有三記念館を巡り、散策の好きな方は三鷹駅から玉川上水沿いの道をむらさき橋辺りまで足を延ばし、帰りに休憩するのもいいかな。当店は昭和58年に開店し、なじみのお客に愛され続けている。仲間と気軽に入れるお店である。 (緑に囲まれた入口:写真右)
 再訪したのは、上水緑道が冬の装いの頃だった。店内は混み合っており、賑やかであった。  

浜離宮
  中島のお茶屋
大江戸線 汐留、築地市場 歩7分
JR,メトロ 新橋 歩12分
抹茶セット(抹茶+季節の生菓子 or 和菓子)
★徳川将軍家の庭園を見ながら、ゆっくりお茶を
 日本人なのに知らなかった都心のオアシス。外国人の観光客が多いのにびっくり、ここの茶屋は江戸観光の定番コースのようである。日本庭園を散策し、途中大きな池に浮かぶ中島の茶屋に寄れば畳の部屋で抹茶と菓子が頂ける。 初夏に訪れた時、畳の部屋で疲れた足を延ばし、テラス席で新緑と心地よい潮風に触れ、気分はサイコー。
 茶屋は3つの和室(30人位収容)と池に面した広いテラス席(20席位)がある。冬の梅、春の桜、ボタン、ツツジ、夏にはアジサイなど四季折々の花が見られる。 築地市場に近く、浅草行きの水上バス等もあり、外国の友人を案内するのにもいいだろう。
写真 右:池を眺められる和室

茶の実倶楽部
メトロ築地
煎茶(和スイーツ付) 
★築地駅を出て新富町方向に数分歩くと、左側にお店が見える。普段、用事がないと出かけることのない場所だけに、知人に教えられての初来店。ここ茶の実倶楽部は、1階が茶販売、2階が喫茶室で、喫茶室は和紙やベージュの土壁で落ち着いた装いであった。 訪れた時は茶遊会の催しが開かれており、1階で受付し、最上階の5階から、4、3、2階と各階でお茶を勧められ、最後の1階でも出され「今飲んだお茶をここで販売しています」と、まさに人間茶漬けであった。出掛けに、HP掲載の承諾を得て帰路に着いた。 

茶の葉


メトロ銀座1丁目
*メトロ銀座も近い
各種日本茶、抹茶、和スイーツ、アイスシェイク 他゛
★銀座松屋地下の販売店の横に、ほのかな照かりが灯ったシックな茶房がある。カウンター越しにお茶を淹れてくれる。訪れた時は、デパートの袋を抱えたご婦人やご夫婦とおぼしき 品のよい年配の方々が次々と入ってきた。新茶時期には、出荷時期に合わせてその産地の新茶を出してくれる。
大人、小人数向き(カウンター席のみ)
定休日:松屋に準ずる
 
茶席 万亭JR吉祥寺南口 (徒歩5分)
煎茶、抹茶、和スイーツ
★閑静な住宅街の大きなお屋敷で庭を眺めながらお茶が頂ける。吉祥寺駅南口を出て、丸井の東の横道を井の頭公園方面に向かうと、公園入口の車止めに突き当たったら左に曲がればすぐ見えます。
 初夏に訪れ頃、庭に山吹の花がいっぱい。縁側の席に陣取った私は、うとうとと。初夏の空気がここちよかった。以前、テレビ朝日「ちい散歩」に紹介されていたが人に教えたくない隠れ家のようなお店です。 (住宅街に入り口が。写真右) 晩秋は、庭のドウダンツツジが鮮やかに色づいていた。 寒い冬は、ストーブの良く効いた暖かな部屋でゆっくりもいいです。 
2016年4月再訪時:土曜、日曜日に限り奥の和室も利用できるようになっていた。定休日:不定休 

茶々工房メトロ西早稲田
(JR高田馬場)
各種日本茶、紅茶、ハーブティー、他抹茶オーレ、おにぎり 他
★西早稲田交差点のベローチェの脇道に入るとこじゃれたお店が見える。店内はやや暗いが落ち着ける店である。 カウンター越しに前を眺めると、各産地が書かれた大きな茶筒をみるのもいいものだ。昼食時はお茶にあった食事メニュも用意され、夜はお酒のメニュに替わるとのことである。

 (脇道に入ると可愛い案内板が。  写真右)

【神奈川】  
茶倉 (さくら)JR石川町
みなとみらい線
 元町中華街
各種日本茶、洋和スイーツ、食事 他
★元町商店街から代官坂をすこし上る。おしゃれな町並みにマッチした緑裁のある素敵な建物が右手に見えてくる。店内は広くシンプルでモダンな作り、雰囲気は最高。店員達が笑顔で迎えてくれた。
注文したお茶(静岡川根産)は、コクのある本格的なものであった。食後、出がらし茶葉を頂いたが美味しい、こんな食べ方があったのかびっくり。その方法はお店で聞いて!
 帰りは夕暮れ、町並みのランプもまたムードがある。 ・・・・が、ひとり寂しく家路に向かう  トボトボ・・と。当店は、落語ライブ、JAZZライブ、書展など頻繁に開いている。HPで確認できる。もう一度行ってみたくなる店である。 入り口はセンスのいい植栽が。(写真右) 
 茶倉は、より美味しい、新しいお茶を追求し、新しい茶種の販売を開始。
是非お店で飲んでみて下さい。 

茶井
京急浦賀
各種日本茶、和洋スイーツ 他
★駅より浦賀通りに歩いて1分で行ける。販売店の奥に喫茶室がある。
日本茶専門店を自負するオーナーは、1煎毎に茶葉を入れ替える。
店頭には各地の茶葉を並べている。 海に近いため、お土産の海産物も人気である。
 
【埼 玉】  
楽風(らふ)  JR浦和
各種日本茶、和洋スイーツ 他
★昔ながらの茶店の脇に”楽風”のこじゃれた看板があり、そこを入る。 
飛び石を渡って行くと、木々に囲まれた格子戸のある古民家が。また何とも言えない和の雰囲気を醸し出している。庭には四季折々の花や景色が堪能できるとのことである。1Fは広い喫茶室に、2Fは土壁そのままの和風ギャラリーとなっている。ギャラリーは、週替わり展示会が行われている。 古民家でくつろぐ方、ギャラリーに来る方、喫茶室はいっぱいであった。手前のテーブルで2人静かに飲むもよし、奥の広いテーブルで大勢で談笑もよし。 出して頂いたお茶は、静岡大河内産の新茶であった。昔からの茶店で安心できるお茶の味であった。 うん、満足。
晩秋に訪れると、木守柿が。 春に訪れると、桜が。(写真右)
定休日:水

八十八茶房東上線志木
各種日本茶、抹茶、冷たい煎茶、抹茶ラテ、おにぎり、和スイーツ 他
★HP掲載を薦めても「掲載している店は有名店ばかり」と、載せることを頑なに遠慮し、給茶に徹する若いオーナー。このまじめさと一生懸命さが印象に残る。この店は都心から離れたこの地で、清潔感のある店内、日本茶主体の品揃え、人手を省く手法、なんといってもリーズナブル、応援したい理由がある。ここは志木駅東口を出て、本町5丁目交差点手前、セブンイレブン横。入り口はすぐ判る。(写真右)。 40席はあろうか広々とした店内は、白で統一され清潔感があふれる。友人とおしゃべりにはもってこいのお店である。
定休日:月  (営業日の終了時刻19:00)

【静 岡】  
一茶 JR静岡
(駅北口地下)
静岡茶(菓子付き)
★茶産地静岡市に出かけた際、立ち寄った喫茶室。 
店内は明るく、カウンター席でお茶を入れる様子を見ることが出来る。喫茶以外、急須出しのテイクアウト、そして隣室(写真右)で50社のお茶を販売している。
ここは静岡駅北口の地下広場にあり、電車待ちにも寄れる。静岡市茶商組合が運営し、加盟50社の自慢のお茶が週代わりで味わえ、又各社のお茶が500円で購入出来る。

静岡に出かける場合、コースに”一茶で休憩”を入れたい。
定休日:水 (祝日の場合は翌営業日) (054-253-0030)

【京 都】  
嘉木
 一保堂京都本店 地下鉄 市役所前駅
 (歩5分)
市バス 市役所前
 (歩5分)
宇治茶-抹茶、玉露、煎茶、番茶-(菓子付き)  
★ここ一保堂は、享保年間にお茶や茶器を扱う”近江屋”が始まりで、当時よりお茶が美味しいと定評だったと言われている。いつか ここにお茶しに行こう」と心に決めていた! 
 京都に到着したのは日曜日の昼過ぎ、京都駅からバスで市役所前で降り、寺町通りに入る。するとひときわ時代の重みを感じる”一保堂”の建物(写真左)が見える。暖簾をくぐると正に”江戸時代にタイムスリップ”。今にも前掛けをした番頭さんが現れそうな雰囲気。しかし「いらっしゃいませ」とやさしい女性の声に夢から覚めてしまった。お店に入ると茶葉の販売コーナー(写真右)、奥に和の雰囲気の喫茶室があった。室内は7、8人掛けのカウンター席とその周りに20人は収容できるテーブル席、奥まった所にも10人位の席が用意されている。
 普段飲むことのない抹茶を頼むと、店員さんが濃茶・薄茶違いを説明してくれるなど親切である。お茶と共に出されるお菓子は、厳選した京生菓子(今日は京華堂の水羊羹)である。当店は定期的に”お茶の淹れ方教室”を開いており、好評を得ている。 店員の行き届いた所作は、やはり信頼を得た老舗の証 と感じた。京都市の中心街にあるので、京都旅行でちょっと立ち寄ることもいいだろう。

伊藤久右衛門京阪宇治駅
 (歩5分)
宇治茶(玉露、煎茶、抹茶の菓子付き) 、各種そば、各種スイーツ
★京阪宇治駅の北側、幹線道路に面したお茶屋さんある。ここは天保3年創業の老舗お茶やである。
 「茶」の暖簾をくぐると、大きな土産店の様相である。 各種宇治茶、冷煎茶ゼリー等のスイーツ、抹茶そば等、ここにくれば何でも揃ってしまう。 なにを買おうか迷っていると、それを察して親切な可愛いいスタッフさんが相談にのってくれた。 定番茶人気no1は「かぶせ茶(宇治山)」 お勧めは「煎茶(喜撰山)」 スイーツは「抹茶大福」が好評とのこと。 
 土産売り場の横に5、6人のカウンター席が、奥には、40~50人は入れそうなテーブル席の大きな茶房がある。カウンター席に陣取り、「煎茶(喜撰山)」を味わう。 確かに美味しかった。お茶の味はもちろんスタッフの対応の良さからも、宇治に行く時はお勧めします。(写真右:この暖簾、東京ではなかなか見られない。)

匠の館 京阪宇治駅
 (歩3分)
JR宇治駅
 (歩10分)
宇治茶(菓子付き) 玉露、かぶせ茶、煎茶、抹茶 
★京都府茶業会議所が運営する宇治茶カフェ。 
宇治橋東詰を川沿いに200m上流の緑豊かな場所にある。対岸の平等院には歩いて渡れます。宇治茶道場とも呼ばれ、日本茶インストラクターが手厳しくお茶の淹れ方を指南してくれます。しかし行儀の悪い淹れ方をすると手厳しい一撃が。覚悟なはれ!指南後は一転、明るい優しいお姉さんにヘンシーン。店員さんは京都弁でよくしゃべるは、静岡出身の店員さんは静岡弁がよく混ざるは。なんといっても美味しい玉露がリーズナブルに頂けます。 喫茶以外にお茶の淹れ方教室等もあります。
休みもありますので、まずはお問い合わせ下さい。(0774-23-0888) 

【大 阪】  
喫茶去心斎橋駅
 (歩1分)
各種日本茶、和洋スイーツ 他 
★心斎橋筋を歩くと大丸のすぐ前にお茶やがある。入口に入るとすぐ、店員さんと”おかめ”と”ひょっとこ”が出迎えてくれます。そう、ここは”おかめ”と”ひょっとこ”の宇治園です。 店内では全国各地の日本茶の他、各種スイーツを販売しており、その奥の1Fと2Fにはカウンター席とテーブル席のある喫茶室があります。 静かな2Fに案内された。そこは金箔を模した壁、黒に赤を配したカウンター、壁の”おかめ”(写真左)は、和の空間を作り出している。心斎橋ぶらりした後で、ほうじ茶とスイーツのセットはいかがでしょうか。   (写真右:入口)